自己処理する際の注意点

| 未分類 |

自己処理で脱毛するときに気をつけるべきことは、極力肌にダメージを与えないことです。
例えばシェービングで処理する場合は、カミソリはなるべく切れ味のよいものを選びます。
安すぎる商品には理由があり、切れ味が悪いため肌荒れの原因となることがあります。
切れ味が悪いと、皮膚の上を何度もカミソリを往復させることになり、これが敏感肌や乾燥を招いてしまうのです。

処理したあとは十分なほど保湿して、炎症を抑えることも大切です。
炎症、ニキビなどを起こしやすい方に共通するのは、お肌が乾燥していることです。
乾燥肌のデメリットは、肌本来の機能を発揮できない状態にすることです。

毛抜きや脱毛器で処理する場合は、処理するタイミングに注意しましょう。
入浴直後はお肌が温かくなっているため、脱毛するタイミングとしては適していません。
入浴してから30分~1時間後くらいに処理するのがいいでしょう。
入浴前に関しても、炎症や化膿を招く可能性があるので避けたほうがいいです。
処理後のお肌は敏感になり、入浴して熱を加えることで肌トラブルが発生しやすくなります。
シェービングの場合も同様に、入浴前や入浴直後の処理は避けるのが好ましいですが、毛抜きや脱毛器ほどのダメージは受けません。

最近の投稿