自己処理後のお手入れ

| 未分類 |

自己処理後は、肌へのダメージが大きいため、しっかりと手入れを行います。正しく自己処理を行うことも大切ですが、処理後の手入れは肌トラブルを避けるために必要です。
自己処理後は、まず肌を鎮静させることがポイントになるため、クールダウンを行います。摩擦により肌へのダメージが増えないようにするために、清潔で冷たいタオルを使って10分程度冷やします。カミソリや脱毛テープは、角質をはがしてしまうため、ヒリヒリしたり赤みが出ることがあります。また、除毛クリームは、毛のタンパク質を溶かすことによって除去する仕組みのため、肌にも影響があります。
どの自己処理でも手入れとしては、保湿が重要です。処理後の肌は乾燥しやすくなっています。保湿を行うことで、肌のバリア機能を高め、肌のダメージを元の状態へと戻しやすくなります。併せて、角質ケアもしっかりと行います。カミソリなどの自己処理では、角質も一緒に剥がしてしまいます。そのままにしていると肌のターンオーバーが乱れる原因となります。さらに、剥がれ落ちるはずの角質がとどまったままになると毛穴を防いでしまい埋もれ毛の原因となります。角質ケアとしては、1週間に1回程度スクラブなどを定期的に行います。

最近の投稿