やけどや日焼けがある場合

| 未分類 |

やけどや日焼けがある場合は、サロンでの脱毛の施術は控える必要があります。無理に照射をしてしまうと、肌への負担が大きすぎるからです。サロンでの脱毛は、光を用いた脱毛方法になります。光脱毛の仕組みとしては、黒色をしたメラニンに光が反応をして、脱毛という結果につなげることになっています。

ですが光脱毛のマシンは、黒色には反応ができますが、そのメラニンは何かを理解することはできません。光脱毛のマシンから照射される光にとっては、体毛の黒色も日焼けした黒色も、同じ黒色のメラニン色素であることには、変わりがないのです。見分けることはできませんから、体毛を狙う時のように、日焼けをした肌にも反応が起こります。

黒い肌への照射で反応が起これば、それはやけどに繋がりやすくなります。すでにやけどであれば、症状はもっと悪化します。軽い赤みの出る程度のダメージでは、すまされないレベルの肌トラブルに発展してしまうのです。サロンは医療機関ではありませんから、そうなるとすぐに医療での処置をすることもできません。提携している医療機関があっても、すぐに対処できるかもわからないのです。ですからやけどや日焼けがある場合は、お肌なお状態が回復してからの脱毛になります。

最近の投稿