シュガーワックスを手作りしてみよう!

| 未分類 |

近年脱毛する女性の間で流行しているのがデリケートゾーンの脱毛です。デリケートゾーンを脱毛するためには、光脱毛やレーザー脱毛のほか、ブラジリアンワックスと言われる脱毛方法も流行しています。
これは、ワックスを使った脱毛方法で砂糖などを原材料として使っており、顔や身体に使うことができて肌に優しくキレイに脱毛することができます。
脱毛サロンでもできますが、恥ずかしいという場合には手作りして自分で処理することもおすすめです。
作り方としては、大さじ5杯の砂糖、レモンの絞り汁大さじ5杯、水大さじ5杯、好みによってオリーブオイルやハチミツ、バニラエッセンスなどを用意し、全て鍋に入れて火にかけます。中火から強火で火をかけていき、沸騰したら火を弱火にして煮詰めていきます。カラメル色になりハチミツぐらいの固さになるまでじっくり煮詰めていき、出来上がったら容器に移します。人肌ぐらいまで冷ましたらワックスとして利用する事ができます。
冷蔵庫で保存することもでき、使う前に湯煎をして人肌よりも少し熱いぐらいにまで戻すと使えます。
できたワックスをむだ毛処理をしたい場所に薄く塗り、用意した布を塗った部分にしっかり押さえつけて一気に剥がすことで処理します。

最近の投稿