サロン脱毛を避けるべきなのはこんな場合

| 未分類 |

脱毛が受けられるのはサロンと医療クリニックの二つとなります。
サロンでの脱毛は比較的安価に受けられるため、多くの方に利用されていますが、場合によっては避けるべき時があります。
例えば、日焼けをしている時にサロン脱毛を受けるのは避けるべきです。
サロン脱毛は基本的に黒いメラニン色素に反応するフラッシュ脱毛という機器を使って行われますので、日焼けした肌にあてると強い痛みが出たり、本来の脱毛範囲よりも広範囲が反応してしまい、脱毛効果が半減してしまう可能性があります。
次に避けたいのが生理中の時です。
肌はホルモンバランスの影響を受けやすい部分ですので、脱毛をすることで痛みや炎症を引き起こすことがあります。
またホルモン剤などを服用していると脱毛効果が得られなくなってしまう可能性もあるため、事前に確認が必要です。
他にも前日に深い飲酒をしているとアルコールで体温が上昇していることが考えられます。このような時に脱毛をすると赤みや腫れが出る原因となりますので避けるべきといえます。
もちろん体調が悪い時も肌のバリア機能が低下するため、脱毛は悪影響を及ぼしやすいといえ避けるべきでしょう。
このようにサロン脱毛を避けるべき時はいくつかありますので、カウンセリング時などにしっかりと把握しておくことが大切です。

最近の投稿