ムダ毛撲滅!ムダ毛をなくすための基礎知識

| 未分類 |

ムダ毛を普通に抜いても、また一定期間が経つと生えてきます。これは毛根部分にある毛乳頭が活動しているからであり、単純に引き抜いても影響を与えることはできません。再生してこないようにするには、毛乳頭の働きをストップさせる必要があります。
毛乳頭の働きをストップさせる方法として、光脱毛やレーザー脱毛があります。どちらも毛の黒いメラニン色素に反応する仕組みですので、周辺の皮膚は影響を受けずに済みます。一度照射を行ったからといって全ての処理が行えるわけではなく、成長期にあたるものにしか効果がありません。そのため、施術を受ける時には毛周期を考えながらスケジュールを立てていきます。毛周期には成長期、退行期、休止期がありますが、これを繰り返すことによって再生を繰り返しています。生えてきた部分を定期的に照射することで、少しずつ本数が減っていき、やがて自己処理の要らない状態になります。
光脱毛やレーザー脱毛では毛周期に合わせた施術を受けることでタイミング良く照射を行うことができます。早く終わらせたいからといって間隔を短くしても効果は上がりませんし、肌への負担が増してコンディションの維持が難しくなりますので、タイミングは大事です。

最近の投稿