毛のう炎にお悩みなら

| 未分類 |

男女問わず美容で一番頻繁に悩まされているのは無駄毛処理でしょう。
しかし専門知識や技術がない状態での無駄毛処理は毛のう炎を発症させる可能性があるため、サロンで脱毛する事をお勧めします。
まず発症原因として毛穴の中にある毛包と呼ばれている箇所に傷がついた時に、肌の上に常にいるブドウ球菌が傷ついた毛包に入り込み毛のう炎となってしまいます。
肌に傷ができると毛のう炎になりやすいので、主にカミソリを使った深剃りや逆剃り、毛抜きで毛を抜いた時に起きる毛包損傷によってそこにブドウ球菌が入り込み毛のう炎を発症させます。
また毛のう炎は汗をかきやすい部分にも発症しやすく、発症初期の段階は小さな炎症ができた状態で中には膿を持っているので、素人にはニキビにしか見えない事も多く、放置しておくと発熱や痛みを伴う事があるので注意してください。
それでも美容として無駄毛処理はしていきたいものですので、脱毛サロンで専門機材を使った無駄毛処理を行い、仮に発症してしまった場合も専門家の判断を仰ぎ正しく治療していきましょう。
また肌の衛生面に気を使わなければいけないので洗顔はもちろんの事、普段からバランスの取れた食生活と規則正しい生活を送る事が発症確率を下げる事につながります。

最近の投稿