カミソリを使うと毛が太くなるのは嘘?本当?

| 未分類 |

カミソリで毛を剃ると、毛が太くなるという話がありますが、それはそう見えるだけで、実は毛の太さは何も変わっていないのが本当です。
カミソリで毛を剃った時の毛の断面は斜めになり、それが太く濃くなったように見えるのです。ですので、カミソリを使うと、毛が通常より目立ってしまうという特徴があるでしょう。
また、カミソリは手軽に便利に使えますので、たくさんの方が使っているでしょうが、実はお肌にとても負担をかけてしまっているものでもあるでしょう。カミソリの刃が直接お肌に当たってしまっていますので、深剃りになり、お肌表面にあるお肌を守ってくれている角質までも、剃り落としてしまっていることになるのです。お肌にはもともと自身を守る仕組みが備わっていますので、負担を感じたお肌は自身を守ろうと、毛を生やそう生やそうとしますので、カミソリを使った場合は、毛の生えも早くなってしまうという特徴もあるでしょう。
ですので、毛を目立たなく、かつ生える早さも遅くするためには、お肌に刺激を与えない電気シェーバーなどを使用することがいいでしょう。電気シェーバーは、毛穴に対して平行に毛を剃ってくれますし、また、刃がお肌に直接当たりませんので、お肌への刺激を最小限に抑えられ、ダメージも軽減することが出来るのです。
ただ、カミソリの方がやはりお風呂に入った時などに、サッと使えて便利だという方は、出来るだけお肌への刺激を軽減するために、石鹸などを付けて剃ると、お肌とカミソリとの間にクッションができ、ダメージを少しは抑えることが出来るのではないでしょうか。

最近の投稿