医療機関での脱毛の特徴

| 未分類 |

医療機関での脱毛というのは、基本的に医療レーザー脱毛になります。この時に使用する医療レーザーは、エステサロンの光脱毛と比較すると出力が高く、脱毛効果が高いのが最大の特徴です。
レーザーを照射することで毛根のメラニン色素に熱を与え毛根そのものを破壊するため、1度の処理だけでその毛根は再生されなくなります。そのため、毛周期に合わせて1年~1年半の期間を掛けて、6回~9回程度の施術で、ほぼ永久脱毛が完了します。
しかし、その出力の高さが原因で痛みを感じる事もありますが、医療レーザーには冷却装置がついており痛みを和らげてくれます。それでも心配な方には、医療機関で麻酔クリームを用意してくれていますので、それを使用することも可能です。
また、医療レーザーというのは出力の高さから、医師が常駐している医療機関でのみ使用が許されています。そのため、何かトラブルが起きた時には、医師による迅速かつ正確な処置を受けることが出来ますので、安心して施術を受けられます。
エステサロンでの脱毛と比較すると、医療機関での脱毛は料金が高いとされていますが、最近では価格競争が激しいため以前より料金が下がってきているのが現状です。
医療機関によっては複数の医療レーザーを導入しており、それぞれが違った性能であるため、実際に脱毛する際にはどのような脱毛機器なのか確認することも大切です。

最近の投稿