医療脱毛について知ろう!

| 未分類 |

医療脱毛とは、医療機関で施術を受ける脱毛のことです。最近の主流は、レーザー脱毛です。医療脱毛で使用されるレーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応する波長のレーザーを照射することにより、熱が黒い毛に吸収され、毛根に集中し、毛根の組織を破壊します。その結果、毛が生えてこなくなります。照射するレーザーは、黒い部分にしか反応しない仕組みになっているため、周囲の皮膚を傷つける心配が少ないメリットがあります。ただし、黒い部分には、反応してしまうため、日焼けをしていると火傷などのリスクが高まることから、脱毛を受けることができない場合があります。
エステサロンなどでの脱毛との違いは、照射パワーです。医療脱毛の場合は、医師が常駐しています。万が一施術中に何らかのトラブルが発生してもすぐに適切な処置を行うことができます。そのため、強力なレーザーによる脱毛を行うことができます。エステサロンなどは、法律上、長期的効果のある脱毛を行ってはいけないとされているため、低出力の脱毛機器を使用しています。医療脱毛は、照射パワーが高いため、脱毛効果がでるまでが早いです。毛の量や質などの個人差はありますが、1ヶ月半から2ヶ月間隔で約5回から8回程度で効果が実感できるとされています。

最近の投稿