エステが倒産してしまった

| 未分類 |

長く通っていたエステが倒産した場合にはどのような被害が想定されるのかと言いますと、一番あるのが先に購入してしまった回数券などがあります。よく通うので回数券を購入したほうが10から20%割り引くので得と考えて購入することはごく当たり前のことです。しかしエステの倒産の場合には、これらの回数券は会社に対してお金を先に支払ってエステをうけるという債務を履行してもらっていない以上、債権者と同じ立場になり、会社に対して請求できますが、相手が倒産している以上難しく、破産手続きまで至ると破産財団に対して債権の請求が可能で、この場合には購入金額の5%がかえってくればいいほうです。これらの債権の回収に期待できない場合には、もっとも有効なケースとしてこの倒産会社の事業を継承してくれるところがその回数券を有効として扱ってまた違う会社ではあるがエステをうけることができることがあります。これは受け継いだ会社が顧客をそのまま引き継いだほうが今後収益がみこまれるので得と考えるからです。この場合には泣き寝入りすることなくエステをうけることができ、先に破産などよりもメリットがありますので会社の動向には注意するべきであると思われます。

最近の投稿