永久脱毛と普通の脱毛との違い

| 未分類 |

今日多くの人に利用されている脱毛には、大きく分けると脱毛サロンで行われている光脱毛と病院で行われている医療レーザー脱毛の二種類があります。
サロン脱毛では、肌に特殊な光を照射させることでその時に生えていたムダ毛を毛根から抜け落とさせるとともに、毛の生える組織にダメージを与えることもできるためにだんだんと生えにくくなっていきます。しかし、人によっては二年など長期的にかかるため、次の夏の水着シーズンまでになんとかしたいと思っても間に合いません。
一方、医療レーザー脱毛は毛の生える組織を破壊するまでの力があるので、一回ごとに確実な脱毛効果を発揮します。永久脱毛をすることができる方法というのが大きな違いであり、医師のいる場所でのみ使用が許可されているレーザーを使った治療です。
脱毛はどちらの方法であっても肌に大きな影響を及ぼすものであり、肌がデリケートな人になれば肌トラブルを発生させることにもなってしまいます。そんな時にも、医療レーザー脱毛なら病院で行われているので医師がついているため安心です。痛みが発した時にも麻酔クリームで処置してもらえるため、出力を下げることなく順調に脱毛を完了させることができます。

最近の投稿