どのくらい痛いの?脱毛の際に伴う痛み

| 未分類 |

VIOゾーンの脱毛を検討している人であれば、VIOは他の部位と比べて強い痛みが伴うという話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はメラニン色素という体毛や皮膚に存在する黒い色素に反応して熱のダメージを与え、それによって毛母細胞というムダ毛が生える原因になる細胞を壊すことで脱毛効果を発揮します。
このメカニズム上、毛量が多く皮膚にもメラニンが多量に存在しているVIOゾーンへの施術はどうしても痛みが強くなりがちです。
実際どの程度痛むかということについては、個人差もありますが人によってはかなり苦痛に感じることもあるのが事実です。
特に医療レーザー脱毛の場合は機器の出力が強く、強力に脱毛作用が働くため、我慢できないほど痛く感じるというケースもあります。
そのため医療レーザー脱毛では場合に応じて肌に塗るタイプの麻酔を使用し、痛みを軽減する措置がとられることもあります。
フラッシュ脱毛はもともと出力が弱く、また肌を保護するためのジェルを使用するためある程度までは痛みが抑えられています。
それでも毛量の多い人などは強く痛むこともありますので、我慢できないと思ったら出力を弱めてもらうなどし、無理をしないようにしましょう。

最近の投稿