脱毛に伴う痛み

| 未分類 |

ムダ毛を払拭してスベスベの肌を獲得するためにも欠かすことのできな脱毛施術ですが、これらを受けるにあたっては施術中の独特の痛みにも耐えなければなりません。代表的な施術といえばレーザーやフラッシュ、それにニードルが挙げられますが、まずレーザーやフラッシュに関して言えば照射されたそれらが毛根の黒いメラニン色素と反応して瞬間的に温度を高める度に、毛根組織は破裂音と共に破壊されることとなります。その時には輪ゴムで弾くような刺激が走りとても痛いと感じる人が多いようです。クリニックにおける医療脱毛になるとレーザーの威力もさらに強まり、この痛みもさらに激しいものとなります。これらは刺激に敏感な部位になればなるほど痛みが増しますので注意が必要です。

一方、ニードル脱毛では微力な電流を帯びたニードルを毛穴にひとつひとつ刺して手作業にて毛根を破壊するたびにチクチクとした痛みが走ることとなります。この時には電流の刺激もあってピリピリくるような痛みを感じる人もいるようです。基本的にニードルはレーザーやフラッシュ以上の痛みが生じることから、その施術を受けるのに躊躇してしまう人もいるようです。

ただし、最近ではレーザーやニードル共に麻酔クリームを塗ることで極力痛みを緩和させたり、施術中にこまめに患部を冷やすなどの処置も欠かせません。さらに最新式のレーザー脱毛では機器が照射しながら同時に患部の冷却も行いますので、その痛みもだいぶ和らげることが可能になっています。

最近の投稿