向いている部位と向いてない部位がある

| 未分類 |

レーザー脱毛器については、場所によって向き不向きが存在していますので、利用する時にはこの点について気を付けて使用するようにしましょう。
まず、腕や足などの毛が濃い部分についてはレーザー脱毛が適しています。

 
レーザーは、色の黒い部分に反応するように作られているのですが、腕や脚については比較的太い毛が生えてきますので、照射したときにその効果を感じやすくなるのです。

 

gf1940270332m
また、わき部分についても、太い毛が多く生えてきますので、照射することで十分な効果を感じることができるでしょう。
一方、レーザー脱毛を行うとき、ホクロやシミのある部位には使用することはできません。

 
ホクロやシミは、色素沈着が起こっており色が黒ずんでいますので、照射することにより火傷などのトラブルを招くこととなるのです。
また、デリケートゾーンについても適さない部分となってきます。

 
デリケートゾーンについては、ほかのお肌と比べて色も黒くなっていますし、粘膜に接している部分ということもあり肌が敏感な状態になっているのです。
充分に注意して施術を行わないと、腫れなどのトラブルを起こしてしまいますので、自宅で自分の力で行うことは難しくなってしまうのです。

最近の投稿