部分脱毛できるパーツ、できないパーツ

| 未分類 |

部分脱毛は、希望する場所のみ脱毛できて、手軽で便利ですが、中には脱毛できないパーツがあることをご存知ですか。基本的にほとんどの箇所は脱毛可能ですが、日焼けしている・ほくろやシミやイボができている・水分量が足りない・刺青が入っているなどの場所や、粘膜部分も脱毛できません。どの部分が施術不可であるのかは、サロンごとに異なっています。例えば、最近メジャーになってきたOライン脱毛でも、粘膜付近だという理由でコースにない店もあります。ですので、契約をする前に、自分が脱毛したい部分が可能であるかどうかを必ず確認するようにしましょう。部分脱毛と全身脱毛を比べた場合、全身脱毛のほうが境目なく処理してもらえるのできれいに仕上がります。また、パーツごとに細かく分けられている場合、脱毛し忘れるという箇所が出てしまうことも考えられますが、全身脱毛の場合は、この心配がありません。ちなみに、全身脱毛という場合には、顔は含まれないのが一般的です。含まれている場合は一緒に脱毛してしまうと便利です。顔脱毛は、おでこ・もみあげ・眉・あご・頬・鼻・鼻下など細かいパーツに分かれているので、自分の施術してもらいたい箇所をしっかりチェックして伝えるようにしましょう。

最近の投稿