» 2016 » 5月のブログ記事

敏感肌・乾燥肌にお悩みなら

| 未分類 |

女性たちが、身だしなみとしても行わなければならないムダ毛の処理、このお手入れは、私たちが考えている以上にお肌には強い刺激を与えてしまうもので、間違ったお手入れを繰り返してしまうと、大切な素肌には深刻なダメージ引き起こしてしまいます。脱毛ケアを行うと、お肌はすこぶる乾燥するので、敏感肌や乾燥肌の方は、処理後の保湿ケアを徹底しなければ、お肌は乾燥が進みかさかさ、ザラザラになり、かゆみや赤みが生じてしまうこともあり、やがては黒ずみを帯びた色素沈着を残してしまうこともあります。体毛という性質上、処理をしても数日でまた生えて来てしまうので、肌ストレスは計り知れません。このようなお肌の弱い方にこそお勧めなのが、プロが行うエステ脱毛で、お肌へ与えるダメージを最小に抑えることができます。施術前後の保湿ケアも徹底されており、お肌に潤いをたっぷりと与えてくれるので、処理後の素肌はどんどん若返っていきます。かさつきやザラツキもなくなり、くすみのない明るい肌トーンになり、毛穴も小さく引き締まっていきます。今エステで主流となっている光脱毛は、施術を繰り返すごとに体毛が産毛のように目立ちにくくなり、肌トラブルのない美肌に整っていきます。

色素沈着にお悩みなら

| 未分類 |

色素沈着にお悩みなら、サロンでの脱毛がおすすめです。見た目が黒ずんでしまうのは、度重なるムダ毛の自己処理が原因だからです。この先もカミソリや毛抜きでの自己処理を続けていけば、黒ずみはよくなる事はありませんし、肌の色は黒っぽいままです。解決策としては自己処理をやめることであり、それにはサロンでの優しい脱毛が味方になってくれます。

サロンでの脱毛は、カミソリ処理のように、お肌にダメージを与えたりはしません。光脱毛の照射をして、反応をするのは表皮ではなく、その下に存在する毛の根っこの部分です。お肌の表面には負担はかかりませんし、脱毛のお手入れをしていくことで、ムダ毛はだんだんと少なくなります。

カミソリの刃を皮膚にあてることが減りますから、素肌は回復力を高めていきます。サロン脱毛に通う期間は、保湿のスキンケアもしっかりと行いますから、お肌は潤いで満タンになります。そうなると肌の生まれ変わりの回転も良くなって、古いお肌は新しいキレイなお肌へと変わりやすくもあります。

サロンで使用している光脱毛のマシンは、もともとは美顔器ということもあって、色素沈着などの黒ずみにも回復の手助けになる効果を発揮します。

毛のう炎にお悩みなら

| 未分類 |

男女問わず美容で一番頻繁に悩まされているのは無駄毛処理でしょう。
しかし専門知識や技術がない状態での無駄毛処理は毛のう炎を発症させる可能性があるため、サロンで脱毛する事をお勧めします。
まず発症原因として毛穴の中にある毛包と呼ばれている箇所に傷がついた時に、肌の上に常にいるブドウ球菌が傷ついた毛包に入り込み毛のう炎となってしまいます。
肌に傷ができると毛のう炎になりやすいので、主にカミソリを使った深剃りや逆剃り、毛抜きで毛を抜いた時に起きる毛包損傷によってそこにブドウ球菌が入り込み毛のう炎を発症させます。
また毛のう炎は汗をかきやすい部分にも発症しやすく、発症初期の段階は小さな炎症ができた状態で中には膿を持っているので、素人にはニキビにしか見えない事も多く、放置しておくと発熱や痛みを伴う事があるので注意してください。
それでも美容として無駄毛処理はしていきたいものですので、脱毛サロンで専門機材を使った無駄毛処理を行い、仮に発症してしまった場合も専門家の判断を仰ぎ正しく治療していきましょう。
また肌の衛生面に気を使わなければいけないので洗顔はもちろんの事、普段からバランスの取れた食生活と規則正しい生活を送る事が発症確率を下げる事につながります。

埋没毛にお悩みなら

| 未分類 |

日頃のムダ毛の処理に困っている人は多いもの。特に女性にとっては腕や脚、脇などの人目に付きやすい部位の脱毛はとても大切です。しかしこれらを経済的に安く、なおかつ手軽に処理してしまおうと自己脱毛を選ぶ際には注意が必要です。毛抜きを使ってムダ毛を抜くと、皮膚が硬化してしまい、新たに生え変わったムダ毛が外に出ることができずに内部に埋もれてしまうリスクが生じるからです。これを埋没毛と呼びます。

この埋没毛は間違った自己脱毛を続ける人に数多く見られるもので、見た目的にも醜い症状となってしまいます。これを改善しようと無理に肌を傷つけて毛を取り出そうとするとさらに症状は悪化します。こんな時にはエステサロンやクリニックでレーザーやフラッシュ脱毛を行うと解消することが可能です。

そもそもこれらの施術は特殊な機器から照射されるレーザーやフラッシュが毛根の黒いメラニン色素と反応することで熱エネルギーを集中させて破壊する仕組みを持っています。そのため、この手法を使えば肌を一切傷めることなくその内部に埋もれた埋没毛だけにダメージを与えることができます。

このようにして破壊された埋没毛は、しばらくその場に留まっているものの、やがて老廃物等とともに排出されていくのできれいに払拭されます。埋没毛の症状をますます悪化させないためにも、プロの手による施術を受けることが何よりも大切と言えるでしょう。

サロンで脱毛がおすすめなのはこんな症状にお悩みの人

| 未分類 |

自己処理による肌トラブルに悩んでいる方はサロンで脱毛をすることがおすすめです。脱毛サロンを利用すれば悩みを解決することができます。脱毛をすると自己処理をする必要がなくなるため、自分で肌を傷つけてしまうことがなくなります。肌へ負担をかけてしまうことがなくなるので安心して過ごせます。
脱毛サロンはプロが施術を行うのでそれぞれの肌のことをしっかりと考えてくれます。保湿も丁寧に行ってくれるので、潤いのあるきれいな肌になれます。肌トラブルがすっきりとなくなるのでいつでも安心して露出のあるファッションを楽しめるようになります。肌の状態を整えておしゃれを楽しみたいと感じているなら脱毛サロンを利用するべきです。
間違った自己処理を続けているとどんどん肌の状態が悪くなってしまうだけです。プロの施術を受けて肌の状態を整えてもらうのがベストです。そうすれば自己処理をすることがなくなり、いつでもきれいな肌をキープすることができます。誰に見られても恥ずかしくない状態になるから自分の肌に自信を持てます。だからこそきれいになりたいと感じたらまずはサロンに相談してみましょう。親身に相談に乗ってくれるから初心者も利用しやすいです。

やけどや日焼けがある場合

| 未分類 |

やけどや日焼けがある場合は、サロンでの脱毛の施術は控える必要があります。無理に照射をしてしまうと、肌への負担が大きすぎるからです。サロンでの脱毛は、光を用いた脱毛方法になります。光脱毛の仕組みとしては、黒色をしたメラニンに光が反応をして、脱毛という結果につなげることになっています。

ですが光脱毛のマシンは、黒色には反応ができますが、そのメラニンは何かを理解することはできません。光脱毛のマシンから照射される光にとっては、体毛の黒色も日焼けした黒色も、同じ黒色のメラニン色素であることには、変わりがないのです。見分けることはできませんから、体毛を狙う時のように、日焼けをした肌にも反応が起こります。

黒い肌への照射で反応が起これば、それはやけどに繋がりやすくなります。すでにやけどであれば、症状はもっと悪化します。軽い赤みの出る程度のダメージでは、すまされないレベルの肌トラブルに発展してしまうのです。サロンは医療機関ではありませんから、そうなるとすぐに医療での処置をすることもできません。提携している医療機関があっても、すぐに対処できるかもわからないのです。ですからやけどや日焼けがある場合は、お肌なお状態が回復してからの脱毛になります。

体調不良や生理中の場合

| 未分類 |

体調不良や生理中の場合の場合は、できるだけお肌への刺激を与えないことが大切です。脱毛の施術に関していえば、コンディションが良い時のお手入れが向いています。女性には毎月のように生理がありますが、この時期は心身ともにとてもデリケートになります。ホルモンバランスの関係もあって、いつもよりも心も体も敏感に反応しやすくなります。

生理中はエステサロンやクリニックでは、デリケートゾーンではなくても、あまり脱毛のお手入れはオススメはしていません。お肌もとても敏感になるため、いつもよりも施術での痛みを感じやすいからです。痛みだけではなくて、デリケートのなっているお肌は、照射によって赤みが出やすくなったり、肌荒れが起こりやすいリスクも抱えているためです。これは生理に限った事ではなく、体調が良くないときも敏感になります。

デリケートゾーンの脱毛に関しては、タンポンを使って処理をできるサロンやクリニックはありますが、やめておいたほうが無難です。ただでさえもデリケートな部分ですから、肌トラブルで悩むことになる確率は高いからです。生理中や体調不良の時は、あまり脱毛は向いていません。健康状態も良好なときに、脱毛のお手入れはしたほうがいいでしょう。

脱毛可能な年齢と年齢制限

| 未分類 |

エステサロンによる光脱毛は、年齢制限というものがなく、基本的に親の同意書があれば何歳からでも施術を受けることができます。最近の子ども世代は美容意識が高まっており、ムダ毛を気にするだけでなくいじめの原因ともなるため、ひとりで悩みを抱え込んだり、浅い知識でムダ毛処理をしてしまいがちです。間違った処理をすると肌を傷つけて手遅れになることも少なくないので、親が見かけたら一緒に悩みを解決するように努力してみましょう。光脱毛は肌の負担の少ない光を照射する方法なので、小さな子どもでも痛みを感じることなく施術を行うことができると言われています。しかし、意思の疎通が難しい幼児期は、万一にも肌トラブルが起こっても対応できないため難しく、落ち着きのない子どもでは狙った部位にしっかりと光を照射することが難しいので断られることがあります。サロンによっては年齢制限を設けているところもあり、中学生以上であったり、高校生からしか施術を受けられないと決まりがある所も少なくありません。また、成長期の前に脱毛を行うと、二次性徴によって濃い毛が生えてくる可能性もあるので、ある程度成長し、15歳を超えた頃からの施術が良いと言われています。

サロン脱毛を避けるべきなのはこんな場合

| 未分類 |

脱毛が受けられるのはサロンと医療クリニックの二つとなります。
サロンでの脱毛は比較的安価に受けられるため、多くの方に利用されていますが、場合によっては避けるべき時があります。
例えば、日焼けをしている時にサロン脱毛を受けるのは避けるべきです。
サロン脱毛は基本的に黒いメラニン色素に反応するフラッシュ脱毛という機器を使って行われますので、日焼けした肌にあてると強い痛みが出たり、本来の脱毛範囲よりも広範囲が反応してしまい、脱毛効果が半減してしまう可能性があります。
次に避けたいのが生理中の時です。
肌はホルモンバランスの影響を受けやすい部分ですので、脱毛をすることで痛みや炎症を引き起こすことがあります。
またホルモン剤などを服用していると脱毛効果が得られなくなってしまう可能性もあるため、事前に確認が必要です。
他にも前日に深い飲酒をしているとアルコールで体温が上昇していることが考えられます。このような時に脱毛をすると赤みや腫れが出る原因となりますので避けるべきといえます。
もちろん体調が悪い時も肌のバリア機能が低下するため、脱毛は悪影響を及ぼしやすいといえ避けるべきでしょう。
このようにサロン脱毛を避けるべき時はいくつかありますので、カウンセリング時などにしっかりと把握しておくことが大切です。

サロンで脱毛していいのかわからない場合の判断方法

| 未分類 |

花02 カミソリや毛抜きなどを使った面倒な自己処理からさよならして、脱毛サロンできれいになりたい、そう願う女性は少なくありません。でもサロンで脱毛してもいいのかわからないからなかなか踏ん切りがつかないという方が意外と多いようです。そんな方には実に分かりやすい判断方法があるのです。それが無料カウンセリングです。
サロン脱毛をしようとなるとたくさんの脱毛サロンがあって迷ってしまうことでしょう。しかし今では便利なことに、サロンの公式サイトとは別に第三者が作った口コミサイトがあります。公式サイトと口コミサイトを参考にすれば、自分にあったサロンを見つけられるはずです。
ただ、それだけではまだ不安です。それから利用したいのが無料カウンセリングです。一昔前はカウンセリングに申し込んだら最後、強引な勧誘が心配なところでしたが、今はそれはありません。このカウンセリングで施術方法や料金など不明点はどんどん聞いてしまいましょう。そこで迅速に的確な答えが返ってくるサロンはいいサロンですし、そうでないならあまり良くないサロンかもしれません。それにサロンに行くことで雰囲気を知ることができます。これによって脱毛していいのかを知ることができるはずです。花01

最近の投稿