» 2014 » 10月のブログ記事

黒い色に反応します

| 未分類 |

クリニックなどで受けられるレーザー脱毛は、一度きれいにすれば永久となることから、エステよりは値段が高いですが、非常に人気が高いようです。
そんなレーザー脱毛、気になる部分に光を当てるだけでお手入れができるという手軽さが人気なのですが、なぜたったそれだけで処理ができるのでしょうか。それは使用する光の性質に由来します。

 
この光、実は黒い色のみに反応するのです。肌全体に照射をしても、黒色だけに反応するので、皮膚にはダメージがほとんどありません。まさしくターゲットは黒色の毛母細胞なのです。そうなると少々問題が発生するのです。それはほくろです。

 
ほくろはメラニンの塊と言われています。まさに黒いので光が反応してしまうのです。レーザーは熱で処理をしていく形なので、ほくろがあるとそこが集中的に熱ダメージを受け、ひどいとやけどになる可能性があるのです。そこで、クリニックでとる手段は、その部分を避けて照射する、保護テープを貼って照射する、それか予め外科的手術などで切除して、傷が治ってから通常の照射を行うかのどれかになります。

 
いずれにしても、やけどなどの肌トラブルにならないように細心の注意を払って施術をしてくれるので、任せていれば安心です。

レーザーで毛が抜ける仕組み

| 未分類 |

エステティックサロンではジェルを併用した光方式で、美容外科ではレーザー方式で脱毛を行うメニューが存在します。後者は認可制ですので、今のところ医療機関でしか取り扱いができません。ところで今日、Webのバナー広告や雑誌の広告、あるいは口コミサイトなどでハイジニーナやVIOという名称でメニューが提供され、大きな人気を集めています。

 

 

どのような仕組みで抜けるようになっているのでしょうか。まずあらかじめ当該箇所を剃っておきます。そして毛根を照射し、黒い部分に反応させて抜けるように促すというものです。最初に剃っておくのは、そうしないと黒い部分を機械的に効率よく認識させることができないからです。

 

 

この施術を繰り返すことによって、細胞からは再発毛の能力が抑制されるようになります。ただし永久的な効果が期待できるものではなく、保証期間は2年程度になっているのが普通です。なおエステティックサロンで行われているジェルと光を組み合わせた手法も原理としては同じです。ただ一般的にはジェルと光との組合せによる方法は、施術回数が多少多くなるという問題があるようです。どちらの方法を選択しても多少の痛みは避けられません。デリケートな箇所ですからそれは当然です。もし気になるのなら美容外科を選び、堪え難い痛みがあれば医療処置をとってもらえると考える方が安心かもしれません。

レーザー脱毛器の仕組み

| 未分類 |

美容外科などで使用するレーザー脱毛器は、毛根にあるメラニン色素に反応する原理によって、毛根の細胞だけを破壊することができるものです。この仕組みを利用することによって、皮膚にダメージを与えることなく、脱毛をすることができるのです。痛みもほとんどなく、画期的に脱毛をすることを可能にできるため、脱毛治療で欠かせないものになりました。

 

 

レーザー治療をするためには、毛周期を考慮しなければなりません。人間のあらゆる毛には、毛が抜け替わるための循環サイクルがあります。成長期、退行期、休止期の3つの周期がありますが、レーザーを照射できるのは、成長期だけなのです。成長期でなければ、毛根のメラニン色素がない状態になります。

 

 

人間の毛周期には、個人差があります。人によって休止期の時期も違うため、脱毛するための期間が短くなることがあれば、長くなることもあります。人によって違いがある毛周期は、人間の進化の過程で生まれた神秘でもあります。脱毛をするときには、美容外科などに長期間にわたって通う必要があります。毛周期に合わせて治療方針を決めることにもなります。レーザーは一度だけ照射すればいいものではなく、何度も行って脱毛率を向上させていくことが必要です。

自宅でできるので予約など時間調整の必要がない

| 未分類 |

家庭用のレーザー脱毛器は自宅で自分の都合の良い時間を見計らって行う事ができるので、とても便利です。

 

脱毛エステサロンに通うと利用料金も発生してきてしまいますし、そこまで行くための交通費も必要になって来ます。なによりも施術時間や交通時間がかかってしまうため、仕事をしている人の場合は時間調整をすることが難しいです。土曜日や日曜日、夕方以降の時間帯は予約をとることすらできない事も多くあります。土曜や日曜日などの週末に旅行やムダ毛の生えてくる場所を露出しなければならない水着や洋服を着用することが多く、木曜日や金曜日は集中してしまいます。そういうデメリットを考慮すると、家でできるレーザー脱毛器はとても優れています。

 

一度本体さえ購入してしまえば、電気代しかかからないので、交通費やエステ利用料金よりも安上がりになります。脱毛エステは洗って消毒をしてるとはいえ、他人が使ったのを使用するので、潔癖症の方などは嫌がる方が多いです。自分専用のレーザー脱毛機ならその心配もありません。適切に使用をすれば火傷をしてしまったり怪我をしてしまうという危険性も無いので、安心して気楽に都合に合わせて脱毛を行う事ができます。

エステに通うよりも価格が安い

| 未分類 |

gf1950145872l

 

エステサロンで脱毛をしようと思っている人は、自宅で脱毛器を購入することも検討してみるのはどうでしょうか。その理由は、脱毛サロンに通うよりも全体で考えると価格が安いことがあるからです。

 
最近では、光やレーザーの脱毛器を通販で購入することができます。本格的なものになると、7~10万円ほどするので高いように感じます。ですが、脱毛の機械は1度購入すれば故障するまでは何度も使うことができます。それに対して、脱毛サロンに通うなら何回でいくらと決まっています。脱毛は、思った以上に期間がかかることがあり、最初は1年6回分のコースに申し込んだとしても追加すると値段も高くなります。また、よくあるのが他にも気になる部位が出てきてしまって追加料金がかかってしまうケースです。そのため、脱毛サロンで使っているのと同じような機械を購入して気になる部位を全て自分で施術してしまった方が安上がりになります。

 
もちろん、人にやってもらうと楽です。ですが、以前と比べて脱毛器具も安いので、全身脱毛に通ったら1ヶ月あたりいくらになるのか、コースで申込むといくらになるのか計算して比較してみましょう。もしかすると機械を購入した方が安上がりになるかもしれません。

レーザー脱毛器のメリット

| 未分類 |

自宅で都合の良い時間帯を使って簡単に利用することができるレーザー脱毛器のメリットは沢山あります。

 

本体メリットでは、レーザーを使う脱毛器の方が、フラッシュ脱毛器よりも出力が高いので、ムダ毛が再び生えてくる時間を遅らせることができます。フラッシュ脱毛器よりも使用頻度を低くして永久脱毛をめざすことができます。安全面ではどちらも適切な使用を行えば安全です。取り扱いかたも簡単でどなたでも手軽にムダ毛の処理をすることが可能です。メンテナンスも時間をかけずに終わらすことができるので楽に利用することができます。脱毛エステに通うのと比較する場合は、メリットの方がとても多いのが特徴です。エステサロンの予約をする必要もありませんし、その店舗にたどり着くまでの交通費や時間をカットすることができます。

 

毎回の利用料金や交通費、それに関わる時間を節約できるので便利です。最初に本体さえ購入してしまえば電気代しかかかりません。マイペースで利用することが出来、急なデートなどのお誘いを受けた場合でも露出の多いファッションを着てお洒落を施し安心して行くことができます。小型なので2泊以上の旅行などに持ち運ぶのも楽なので一台あると重宝します。

ムラなく脱毛するには

| 未分類 |

ムダ毛の処理は女性にとっては欠かせない作業ですが、体質的に体毛が濃い方にとっては苦痛な作業となります。

 

カミソリや毛抜きを用いた処理は毛根やその奥の毛を生成する器官である毛母細胞までは処理することが出来ず、すぐに新たな毛が生えてしまいます。そのため必然的に自己処理の回数が増えてしまい、カミソリ負けによる皮膚のただれや角質の剥がれ等の肌トラブルを引き起こしてしまいます。しっかりムダ毛を処理するためには脱毛治療が必要不可欠であり、近年ではレーザー脱毛が効果が高く安全性が高いので人気があります。

 

レーザー脱毛は黒い色にのみ反応する特殊な光を照射することでメラニンや毛根、毛母細胞を効果的に除去することを目的としており、肌には熱を与えないので痛みややけどの心配が無いのが利点です。レーザーには照射範囲があり、ムラなく脱毛するには出力と波長、照射班員バランスが大切です。そのためには最新機器の高出力レーザー脱毛機を取り扱う美容外科クリニックで施術を受ける必要があり、ネット上の口コミ等で評判をチェックすることで効果的にクリニックを探すことが出来ます。ムダ毛による悩みをお持ちの方は、高性能なレーザー脱毛で改善しましょう。

向いている部位と向いてない部位がある

| 未分類 |

レーザー脱毛器については、場所によって向き不向きが存在していますので、利用する時にはこの点について気を付けて使用するようにしましょう。
まず、腕や足などの毛が濃い部分についてはレーザー脱毛が適しています。

 
レーザーは、色の黒い部分に反応するように作られているのですが、腕や脚については比較的太い毛が生えてきますので、照射したときにその効果を感じやすくなるのです。

 

gf1940270332m
また、わき部分についても、太い毛が多く生えてきますので、照射することで十分な効果を感じることができるでしょう。
一方、レーザー脱毛を行うとき、ホクロやシミのある部位には使用することはできません。

 
ホクロやシミは、色素沈着が起こっており色が黒ずんでいますので、照射することにより火傷などのトラブルを招くこととなるのです。
また、デリケートゾーンについても適さない部分となってきます。

 
デリケートゾーンについては、ほかのお肌と比べて色も黒くなっていますし、粘膜に接している部分ということもあり肌が敏感な状態になっているのです。
充分に注意して施術を行わないと、腫れなどのトラブルを起こしてしまいますので、自宅で自分の力で行うことは難しくなってしまうのです。

最近の投稿